彼女や奥さん、好意を寄せている人に『もっと良い身体を見せたい!』と思ったことはありませんか?
女性が好感を持つ、いわゆる細マッチョ。

しかしながら細マッチョになり、それを維持していくには相当の努力が必要です。
この記事では、努力の賜物である細マッチョに効率よく近づく方法が分かります。

破壊した筋肉を修復できていますか?


暑い夏、熱い視線を感じたいですよね。
夏といえば、海や山、バーベキューなどのアウトドア。
ふとした瞬間にTシャツを脱いだ時にたくましい身体を女性陣に見せたくありませんか?

女性が好感を持つ細マッチョを目指してトレーニングされている男性陣は多いと思います。
しかし、細マッチョを目指し、やみくもにトレーニングをしていても遠回りをしてしまう可能性があります。
まずは、筋肉がつく仕組みをおさらいしていきましょう。
筋肉は次の3ステップでついていきます。

  • ①トレーニングによる筋肉繊維の破壊
  • ②栄養と休養で筋肉繊維を修復
  • ③筋肉が肥大(大きくなる)

筋トレをただ頑張るだけでは筋肉は大きくなりません。
トレーニングによる刺激で筋肉繊維を破壊することと同様に②の修復の過程も重要です。
結果が思うように出ずに悩んでいる方は修復するための環境づくりが出来ているか再確認してみてください。

筋トレ後にタンパク質を含む食品やプロテインを摂取している方は多いのではないでしょうか?
普段運動をされない方でも体重1キロあたり1グラムのタンパク質を摂取することが推奨されています。
ハードに運動されている方は1.2~2グラム(体重により前後します)のタンパク質を摂取した方が良いでしょう。

つまり、体重60キロの人なら、
60×1.2=72グラム。

鳥ムネ肉100グラムあたり約20グラムのタンパク質量なので、350グラム以上食べなければなりません。
350グラムなんて余裕!と感じても、トレーニング後に毎回食べるとなると少し負担がかかります。

また、タンパク質のみ摂取していても、すべて効率よく吸収されません。
ゴールデンタイムと呼ばれるトレーニング後の30分以内にはタンパク質と糖質を摂取することでより吸収率が高まると言われています。

…タンパク質に加えて糖質も摂取と考えるとトレーニング後の胃袋にはハードルが高いかもしれませんね。
そこで、サプリメントを上手く利用してあげることが、効率よく身体を鍛えるための重要なポイントになります。
トレーニング後の栄養補給が筋肉繊維の修復をサポートする鍵となるのです。

トレーニング前にも栄養補給をするべし


トレーニング後の栄養補給について、ポイントは抑えられましたか?
まとめると、ゴールデンタイムのトレーニング後30分以内にタンパク質と糖質を摂取すること。

つづいて、更に効果を出したい方は、トレーニング前にも目を向けていきましょう。
ハードなトレーニングでは、エネルギー量が足りずに自分の筋肉を分解してしまうことはご存じですか?

なので、空腹またはエネルギーが枯渇してしまった状態でのトレーニングは、筋肉を大きくすることが出来ず、逆効果になってしまいます。
この状態をカタボリックと言います。

カタボリックとは、筋肉の分解や異化が起こっている状態のこと。
反対に筋肉の合成や同化が起こっている状態のことをアナボリックと言います。
筋肉を大きくしたいあなたは、カタボリック状態をいかに避けられるかが非常に重要になります。

では、具体的にどのように対策すれば良いのでしょうか?
食品派とサプリメント派に分けてみていきましょう。
まずは食品派。

筋肉を鍛える前には糖質補給を

トレーニングの30分~1時間前におにぎりや果物といった糖質を摂取します。
食品はサプリメントよりも吸収に時間がかかりますので、余裕を持って摂取することがおススメです。
糖質を摂ることでエネルギーを補給し、補給したエネルギーを使ってトレーニングをすることが出来るので、筋肉の分解を防ぐことができます。
続いて、サプリメント派です。

サプリでBCAAを摂取すると筋肉が付きやすくなります

食品派と同じく、エネルギー源を摂取することが目的になりますが、私のおススメはプロテイン+BCAAを摂取すること。
BCAAとは、『バリン』『ロイシン』『イソロイシン』というアミノ酸のことを言います。
このBCAAは必須アミノ酸といい、私たちの細胞を構成する上で必要不可欠なアミノ酸です。

更にBCAAには、タンパク質の分解を抑制する働きもあるので、トレーニング前に摂取します。
ハードなトレーニング時はトレーニング中の摂取ももちろんおススメです。

上記のようなトレーニング前にも栄養を取り入れることで、アナボリック状態(つまり筋肉がつく環境にすること)を高めることができ、筋肉が分解されにくい環境をつくることが出来ます。

トレーニングも栄養も継続は力なり

細マッチョを目指すには、トレーニング前・後にも努力が必要。
しかし、食品で摂ろうとすると内容によっては胃に負担をかけてしまったり、手間やコストがかかります。
サプリメントも様々な種類のものを摂ろうとすると大変ですよね。

そこで、たった1つのサプリメントでオールインワンに配合された『ディープチェンジHMB』を取り入れることでお手軽に様々な栄養を摂取することが出来ます。
必須アミノ酸のBCAAや、パワーを発揮するクレアチン、栄養素の吸収を助けてくれるグルタミンなど計8種類の成分を配合したサプリメントです。

中でも、近年話題のHMBもたっぷり1日分2,000mg配合しています。
HMBとは、ビス-3-ヒドロキシ-メチルブチレートモノハイドレートの略称で、先ほどあげたアミノ酸の『ロイシン』が私たちの体内で代謝されて出来る成分です。
プロテインと何が違うの?

と疑問に思う方もいると思います。
プロテインはタンパク質をたっぷり含んだサプリメントのこと。
筋トレ後のタンパク質補給には欠かせません。
そして摂取したタンパク質は体内でアミノ酸に分解されます。
分解されたアミノ酸がロイシンに変わり、ロイシンが筋肉に効果をもたらすHMBへと変化していきます。
分かりやすく順番だけ表すと、タンパク質→アミノ酸→ロイシン→HMBと変化していき、筋肉に行き届きます。

この過程をタンパク質から摂取するのと、HMBから摂取するのとでは、吸収量やスピードが変わってくることは一目瞭然です。
そんなHMBをたっぷり配合された『ディープチェンジHMB』。
効果を求めるあなたは是非試してみる価値ありです。